FXにかかる税金について

FXでトレードをして利益を出すことができれば、自分の資金が増えることになります。


しかし、利益が出れば、それに応じた税金を支払う必要があります。



もしも、FXで大きな利益を出したにも関わらず、収入申告をしないと、脱税となり、追加で税金を支払う必要性が出てきたり、ペナルティがかかってくることになります。

こうしたことがないように、FXで収入が増えたら、年間の損益を計算して、確定申告をする必要があります。

ただし、FXで得た収入の場合は、税金がかかるかどうかの条件が人によって異なってきたりするので、あらかじめ条件を知っておくということが大事になってきます。

では、どのような条件となっているのかという、給与年収が2000万円を超えている人、給与年収が2000万円未満でFXの収入が年間20万円を超える人、給与所得がない人で、雑所得の合計が年間38万円を超える人となっています。



ですから、もしも、サラリーマンであって、給与年収が2000万円を超えていなければ、取引での利益が年間20万円を超えなければ、申告の必要はないということになります。
もし、20万円を超えた場合は、雑所得として申告し、その20パーセントが税金として発生してくることになります。



ただし、所得は収入から経費を引いた額が所得となりますから、取引における収入だけではなく、そのために必要になった書籍代やパソコン代の一部などが経費としてかかった場合は、それらを引いた額が20万円を超えるかどうかが基準となってきます。