FXにおけるロスカットとは

FXにはロスカットというシステムがあります。
このロスカットとは、保有している通貨の損失が多くなった場合に、自動的に行われる強制決済のことを指します。

FXの場合は、利益を出すこともできますが、損失も出てしまうことがあります。

もし損失が膨らんでしまうと、証拠金を維持していくことができなくなってしまう可能性があります。



通貨はたとえ決済しなくても、損失があれば評価損としてみなされますから、証拠金が減ってしまうということになります。通貨レートが動いて損失がなくなればよいのですが、損失が拡大するとロスカットが発生する可能性があります。

そこで、ロスカットが発生する基準はどのようになっているのかというと、あらかじめ定められている必要証拠金維持率を下回った場合に発生します。



証拠金維持率は現在担保として預け入れている資金から現在保有している通貨を決済した場合に発生する損失を差し引くことによって計算することができます。



基準はFXの取引会社によって異なってきますが、およそ20パーセントから30パーセントに設定している取引会社が多いです。

ロスカットが発生するということは、自分の資金の多くを失うということになりますから、このような結果になる前に、損失を受け入れて、大きな損失になる前に決済したり、レバレッジを抑えて、余裕を持った取引をしていくということがロスカットを回避するためには重要になってくると考えられます。