FXを行う時の状況判断

FXは行う時は、経済情勢の判断が大切になります。


リスクオンの時は、経済が活発で景気の良い国に投資金が流れる傾向があります。


投資が盛んに行われる国の通貨は人気となり、為替レートが上がる傾向があります。

外国為替レートを見る時は、ファンダメンタルズを重視する必要もあります。
物価が上昇率が高い国は、他国と比較して通貨が安くなる傾向があります。


景気が良くて金利の高い国の通貨は人気の投資先となります。

FXを行う時は、通貨ペアの選択をいかに行うかが大切になります。

ドル円やユーロ円などは、スプレッドが小さくて人気があります。

取引量の多い通貨ペアは流動性が高くて、売値と買値の差であるスプレッドが小さい特徴を示します。

変動率の高いポンド円などは、スプレッドがドル円やユーロ円よりも大きいです。

ポンドはドルやユーロと比較して変動率が高いので、短期間で大きな利益を得る手段として人気となっています。FXは時間帯の選択も大切になります。



日本時間の夕方ぐらいからロンドン時間が始まります。
通貨の取引量が多いロンドン時間は、主要な経済指標が多く発表されます。経済指標の発表をきっかけとして、外国為替レートの大きなトレンドが発生することもあります。



投資をする時は、トレンドを意識する必要もあります。

トレンドに上手く乗ることで、投資で利益を安定的に得ることも可能となります。

トルコリラ情報はどれが良いのか悩んでいる人の参考となるサイトです。

トレンドの発生を知るには、テクニカルチャートなどを上手く活用する必要もあります。