FXの始め方、証券会社の口座開設

お金を稼ぐ方法にFXと呼ばれる投資先があります。
FXとは、外国為替証拠金取引のことで、外国の通貨を売買して差益を積み重ねていく金融商品の1種です。

例えば1ドルを100円で買って、将来1ドルが105円になった時に売れば5円の利益になります。
通貨の価値はリアルタイムで変動しており、世界中の投資家が売買取引をしています。
投資家は専用のツールを使って、相場を予想して取引をします。


FXを始める時は証券会社の口座開設が必要になります。

証券会社によって様々な特徴があるので、証券会社を比較してから講座開設を申し込むと良いです。

証券会社を選ぶ時は、取引できる最小通貨単位で選ぶと良いです。



取引できる最小通貨単位は、10000通貨、1000通貨、100通貨というように証券会社ごとに決められています。

この最小通貨単位が少ないほど、投資に使う資金も少なく済みます。

初めて投資に挑戦する時は、最小通貨単位で取引できる証券会社を選んでリスクを避けることができます。

口座開設の申し込みは証券会社のホームページからできます。申し込みの際は利用者の個人情報が必要になります。



また、身分証明できる運転免許証や保険証などの画像を添付することもあります。



申し込みから最長1週間程度で口座開設できます。口座開設ができたら、インターネットバンキングを利用してお金を口座に送金できるようになります。


口座に送金したお金は証拠金としてFX取引に使うことができます。